MAHIRUどらむん町内会

アーティスト名、経歴などを含め簡単な自己紹介をお願いします。
DJ MAHIRU (まひる) という名義で DJ をしています。由来は “WORKING!!” という高津カリノ先生の作品の漫画、それを原作にしたアニメに登場するヒロイン、“伊波まひる” から拝借しました。伊波まひるは私が最も敬愛する女性です。20歳から DJ MAHIRU と名乗り、ドラムンベースとアニメソングを中心に現在まで DJ をしています。ドラムンベースの DJ に足を踏み入れたのは20歳の誕生日を迎えた0時ちょうどに入場したパーティーが 06S だったことが大きな要因です。伊波まひると出会ったときと同じ衝撃を受け、現在に至ります。
自身が参加しているパーティー、どらむん町内会についてお聞きします。どのようなスタイルやコンセプトで行っていますか。またユニークな名前に思えますが名前の由来はどのようなものなのでしょうか?
どらむん町内会は、2012年5月に秋葉原のクラブ “MOGRA” で発足し、以降約2か月に一度のペースで、休日のデイタイムに開催しています。秋葉原が持つ包容力の下で「そのとき面白いものを面白くかけて、みんなで一緒に楽しくドラムンベースで踊ろう」を前提に行っています。メインストリームからアンダーグラウンドまで縛りは一切ありません。Metalheadz のトラックの次にアニメソングのリミックスがかかることもあります。オタクカルチャーとドラムンベースが好きなクルーと、来てくれたどらむん町内会の “町民” の皆様が一緒に楽しむことを心がけています。名前の由来もそれを踏まえ、親しみやすいことと覚えやすいことから自然と Twitter でふんわり決まったと思います。
自身のDJの特徴やスタイルなどを教えて頂けますか? また様々なジャンルのイベントに出演されている印象もありますが、その際はどのようなプレイをされているのでしょうか。
ドラムンベースでは既成観念に囚われたロングミックスが特徴です。トラック同士の親和性や文脈を大事にしたいと考えています。私の経験したカルチャーを通した DJ プレイをどのジャンルでも念頭に置き、説得力を持たせられるように選曲しています。ドラムンベースで私の好きな選曲をしていいと判断した際には、“アマゾンの奥地で生活する原住民の祭り” や “川崎の工業地帯” といったそのタイミングで興味のある情景をイメージして選曲をしています。
今回の union ではどのようなプレイを考えていますか?
“もしもアフリカ奥地の部族がユンボを手に入れたら” を考えています。
今後の活動予定などを教えてください。
どらむん町内会と併せて私が所属している青山蜂で開催しているドラムンベースパーティー “ArijuaNa” でトライバルを軸にしたドープな DJ を続けていきます。近日では9月20日(土) に新木場 ageHa の WATER で開催する “ドラムンクエスト” にどらむん町内会として出演させていただきます。

ありがとうございました。

TOP
TOP
© 2014 union. ALL RIGHTS RESERVED.
DESIGN : HIROSATO SAKUMA
DEVELOPMENT : LOWPLY
:-)